2010年02月22日

高校生暴行容疑で中2の2人を逮捕(産経新聞)

 兵庫県警宝塚署は16日、男子高校生(16)に暴行したとして、傷害容疑で、同県宝塚市の市立中学2年の男子生徒(14)2人を逮捕した。男子高校生は歯槽骨骨折などで約1カ月の重傷。

 逮捕容疑は昨年8月20日午後4時45分ごろ、市内の路上で、「何、見とんや」などと因縁をつけ、男子高校生に殴る、けるなどの暴行を加え、けがをさせたとしている。

 同署によると、男子中学生5人のグループと、伊丹市内の男子高校生5人のグループが「目があった」ことで口論になり、中学生の1人が首にしていたアクセサリーを切られたことに怒り、切った高校生に暴行を加えたという。互いに面識はなかった。

【関連記事】
中2少年が殴られ重体 傷害容疑で中学生4人逮捕
語学講師遺棄 殺人容疑で中国籍の男ら再逮捕 兵庫県警
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁
家庭復帰に問題なし 児童虐待で児童相談所会見
宮城3人殺傷 今月初旬に暴行された美沙さん

伊丹空港フル活用…素案を国交省が地元へ報告、意見交換会(産経新聞)
鳩山内閣支持率30%台突入 政権「危険水域」迫る?(J-CASTニュース)
時代劇ロケ地「流れ橋」、流れないよう新工法(読売新聞)
石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)
伊丹廃港決議案提案へ、大阪府議会の橋下支持派(読売新聞)
posted by テヅカ サダオ at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「火消し役、終えた」漢字検定協会の鬼追理事長が退任へ(産経新聞)

 財団法人日本漢字能力検定協会(京都市下京区)をめぐる背任事件で辞任した前理事長の後任として、協会の改革を進めてきた鬼追明夫理事長(75)が、任期満了の3月末で退任する意向であることが18日、分かった。協会によると、13日に開かれた理事会で明らかにした。鬼追理事長は「自分は火消し役として理事長の仕事をやり終えた」と退任の理由を話しているという。

 新しい理事長は、3月末までに理事の互選で決める。

 鬼追理事長は弁護士で、日本弁護士連合会会長や整理回収機構社長などを歴任。協会をめぐる背任容疑事件で起訴された前理事長の大久保昇被告(73)の後を受け、昨年4月に理事長に就任した。

 前正副理事長時代の関連会社との不透明な取引の解消や、理事、評議員会の人事刷新、検定料の引き下げなどの改革を進めた。

【関連記事】
今年の漢字発表、清水寺・森清範貫主「新たな心で生まれ変わって」
川端文科相、漢検協会の再建「国民の期待に応えて」
漢検本部ビルの賃貸借契約を解除 前理事長側が賃料不払いを理由に
漢検、問題集などの著作権確認求め提訴 大阪地裁
個人で商標料3000万円! 「数検」理事長親子が君臨した人気検定の裏側

【党首討論】「小沢氏は国民に説明することで責任を果たす」鳩山首相(産経新聞)
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件−東京地裁(時事通信)
<足利事件>検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)
灯ろう祭り 陶器に幻想的な明かり 佐賀・武雄「飛龍窯」(毎日新聞)
巨人・加治前のグラブなどを盗んだ男逮捕(読売新聞)
posted by テヅカ サダオ at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。