2010年03月31日

GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)

 余剰が見込まれる新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は3月26日、英グラクソ・スミスクライン(GSK)社との契約変更に向けた交渉の結果、当初購入予定量の約3割に当たる2368万回分を解約することで、おおむね合意したと発表した。違約金はなく、約257億円の経費を節約したとしている。

 厚労省は昨年10月にGSK社から7400万回分、スイスのノバルティス社から2500万回分の計9900万回分を1126億円で購入する契約を結んでいた。ノバルティス社とも現在解約に向けて交渉中という。


【関連記事】
3分の2解約に向け交渉―輸入新型ワクチン
輸入新型ワクチンの特例承認のパブコメ結果を公表―厚労省
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」−長妻厚労相
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
新型インフルの輸入ワクチンが特例承認

東名64キロ、関越50キロ 3連休最終日に激しい渋滞 (産経新聞)
5ダムの本体着工容認=計画通り補助金配分−前原国交相(時事通信)
振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁(産経新聞)
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り=価格維持のため、広告規制−公取委(時事通信)
首相、内閣改造を否定 迷走に迷走…“閣”分裂(産経新聞)
posted by テヅカ サダオ at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)

 23日午前3時55分ごろ、埼玉県ふじみ野市水宮、建設会社「ボルテック」(本社・福島県会津若松市)の関東事業所から出火、木造3階建て延べ約136平方メートルと、東西に隣接する木造2階建て住宅2棟の計3棟を全焼した。事業所の焼け跡から1人の遺体が見つかり、男性2人がやけどなどで病院に運ばれた。県警東入間署は、遺体は連絡の取れない20代の従業員男性とみて確認を急いでいる。

 同署によると、事業所は事務所と寮を兼ねている。建物には当時社員や従業員の男性計3人がおり、病院に運ばれた1人は逃げる際に2階から飛び降り、けがをした。もう1人はのどにやけど。【西田真季子】

【関連ニュース】
火災:興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市
強風:首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災
たまゆら火災:住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査
たまゆら:火災から1年 慰霊碑に思い込め

<中部電力>保有の古陶磁器263点 中国の博物館に寄贈(毎日新聞)
小林千代美議員、離党も辞職もせず…会見で表明(読売新聞)
日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)
【めざせ!ネイル美人】ピンク恋し春(産経新聞)
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ(産経新聞)
posted by テヅカ サダオ at 04:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。